トライオートFXのメリットとデメリットとは?自動売買システムのFXは儲かるのか?

 

FXを始める時にデモトレードで練習して、さあ取引をしようと取引をしてもなかなか利益を得ることはできません。

 

デモトレードでは簡単に勝てたのに、実際の取引では利益を上げられないという方が多いです。

 

その理由のひとつは「損したくない」というメンタルの問題です。

 

メンタルの問題さえ乗り越えることができれば、利益を得る可能性が高まりますがそんなに簡単なことではありません。

 

 

そんな方たちが行っているのがFXの自動売買です。そのひとつがトライオートFXです。

 

ここではトライオーとFXの説明だけでなく、そのメリット・デメリットについても説明します。

 

この記事を読めばトライオートFXを始めるかどうかの判断ができるようになりますよ。

 

 

トライオートFXとは?自動売買を行ってくれるシステム

 

トライオートFXとはインヴァスト証券が販売している自動売買ツールです。

 

インヴァスト証券は1960年に創業しており、さらにJASDAQにも上場している会社で信頼できます。

 

自動売買に関してはETF(上場投資信託)についても行っており、自動売買に力をいれている証券会社です。

 

自動で資産運用するメリットは?

 

自動で資産運用する理由を考えてみましょう。

 

まず銀行に預けていても資産が増えないというのが考えられます。

 

現在の金利はかなり低く、定期預金ですら0.01%のところも多いです。

 

つまり100万円を1年預けでも1万円どころか100円にしかなりません。

 

これでは資産運用とは言えませんよね。

関連記事

  【老後資産は2000万円必要】そんなワードが話題になっています。   まだ社会に出たばかりで独身の20代のあなたでも、この話題は気になったはずです。   少しずつ毎月貰えるお給[…]

FX

 

また資産運用と言えば不動産投資なども考えられますが、準備する資金がかなり必要です。

 

そこで自動で資産運用をする自動売買をしてみようと考える人が多いわけです。

 

自動での資産運用と言ってもウェルスナビのようなAIによる完全自動売買もありますが、トライオートFXの場合はあなたが設定を選ぶ必要があります。

 

いったん選択が終わればそこから先は自動ですので、メンタルの問題で損をすることはありません。

 

自動売買で寝ている間でも取引をしてくれますので、取引のチャンスを逃すことが無いというのも好まれる理由のひとつです。

 

 

トライオートFXで自動売買するメリット

 

トライオートFXには自動売買で資産運用をするメリットに加えて、3つのメリットがあります。

 

ここではそれぞれのメリットについて説明してきます。

 

 

【トライオートFXのメリット】スプレッドが狭い

 

スプレッドとは売値と買値の価格差のことを言います。

 

つまり売り買いをした際に、スプレッドのコストがかかるということです。

 

例えば米ドル・円で売値が110.225円

買値 110.228円とすると

0.003円=0.3銭がスプレッドになるので、これがコストになるというわけです。

 

0.3銭ぐらいたいしたことが無いと思いますよね。

 

ではスプレッドが1銭と0.3銭の場合とで比べてみましょう。

 

今回は1万通貨で10回取引した場合で比べてみます。

 

  • 1万通貨×0.01円(1銭)×10=1000円
  • 1万通貨×0.003円(0.3銭)×10=300円

 

10回取引した時点で700円の差があります。

 

これは取引回数が多ければ多いほど差が出てきます。

 

そのためスプレッドが狭い方がお得だと言えます。

 

 

ではトライオートFXのスプレッドはどうなのでしょうか。

 

主な通貨ペアをまとめると以下のようになります。

 

スプレッドとしては標準的で、自動売買もこのスプレッドでできるのは魅力的です。

 

 

 

【トライオートFXのメリット】自動売買をセレクトできる

 

トライオートFXにはレンジ向き「コアレンジャー」高金利通貨向き「スワッパー」があり、そのどちらかの通貨ペアを選びます。

 

こちらはあらかじめ設定されているものを選択することで簡単に取引ができます。

 

もちろん自分で自動売買の設定もできますので、設定を変えたい人にも対応しています。

 

【トライオートFXのメリット】取引ツールが使いやすい

 

スマホやパソコンの画面が見やすく使いやすいと評判です。

 

FXの取引をしていると、スマホのアプリで操作できるのは思った以上に楽です。

 

外出先などで簡単に確認できるのは便利ですね。

 

トライオートFXのデメリット

 

トライオートFXのメリットを読むと、「すぐにでも始めたい!」と思うかもしれません。

 

しかし、トライオートFXにもデメリットがあります。

 

ではトライオートFXのデメリットは何でしょうか。

 

ここではデメリットとして3つ説明します。

 

【トライオートFXのデメリット】手数料がかかる

 

トライオートFXはスプレッドが狭いと説明しましたが、自動売買の場合、それ以外にマークアップ手数料がかかります。

 

その金額は取引数量によって違い、以下のようになります。

 

 

これは片道の手数料なので、売買した場合は2倍かかります。

こうした手数料がかかるのは裁量トレードと比較すればデメリットだと言えるでしょう。

 

ただし他の自動売買と比較すると、他のサービスも手数料がかかったり、スプレッドが広かったりするので、自動売買においては取引手数料が特に高いわけではありません。

 

【トライオートFXのデメリット】含み損を抱えるので資金が必要

 

自動売買の場合、どうしても含み損を抱えての取引になります。

 

そのためある程度の資金量が必要です。

 

資金が少ない人はなかなか利益を上げられないというのはデメリットのひとつでしょう。

 

【トライオートFXのデメリット】マイナススワップを抱え続ける可能性がある

 

コアレンジャーという取引方法はレンジ相場での両建て(買いのポジションと売りのポジションを持つこと)を基本としています。

マイナススワップが発生して利益が少なくなることがあります。

 

マイナススワップとは日本よりも金利が高い通貨ペアで買いポジションを取った時に発生します。

 

トライオートFXは長期でポジションを持ち続けますので、マイナススワップが発生し続けるというデメリットがあるのです。

 

トライオートFXは資金に余裕があるならおすすめ!

 

これまで説明したトライオートFXのメリットとデメリットは以下のようになります。

 

 

 

この表からも分かるようにトライオートFXにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

 

ツイッターの収益報告でもマイナススワップがキツイという報告が見受けられます。

 

 

夫くん @社畜会社員×投資家×ブロガ

 

くわにゃん@長期投資家

 

トライオートFXは簡単に設定もできますし、自動売買としておすすめではありますが利益を得ている人はそもそもの資金量が多いです。

 

そのため100万円以上の資金を運用できる人にはおすすめの投資方法だと言えるでしょう。

 

少額での資産運用はこちらがおすすめ

関連記事

  株の資産運用に興味はあるけど、やりかたが難しそうだし多額のお金もいるのでは…と悩んでいませんか?   投資初心者だと、資産運用が大切なのはわかるけどなかなか足踏みしちゃいますよね?  […]

 

最新情報をチェックしよう!