オリックス

オリックスの株主優待の内容は?株主カードでホテルやレンタカーがお得に使える

オリックスという会社は球団も持ってますし、知らない人はいない会社ではないでしょうか?

そうした知名度の高いオリックスも上場企業ですから、株式を発行しています。

 

そこでこの記事では、オリックスの株主優待の内容と株主優待が受けられる条件について説明します。

この記事を読んで、オリックス株を取得するかどうか悩んでいる方は、一度検討してみてください。

 

  • ふるさと優待でカタログから選べる商品
  • 株主カードでホテルやレンタカーがお得
  • 1株当たり76円の配当金

 

今すぐ最安値でオリックス株を購入



 

オリックスとはどんな会社?

オリックス

 

オリックスは1964年に創業した企業です。

最初はリース事業からはじめました。

その後隣接分野に進出し、事業拡大していた企業です。

 

現在は、リース業だけでなく、「金融」や「モノ(物件)」も専門の事業です。

「金融」では、保険や銀行だけでなく資産運用も事業として行っています。

「モノ」の場合は、不動産だけでなく自動車関連にも事業を広げています。

オリックスの株主優待を受け取る条件と特典内容

 

オリックスの株主優待を受け取る条件としては、100株以上の株取得が最低条件です。

そのうえで、保有年数に応じて商品が変わるという優待があります。

また100株以上取得している人に関しては、株主カードによる優待もあります。

配当金については、高く設定されています。ここではその内容をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

保有年数に応じて商品が変わる「ふるさと優待」

 

オリックスの株主優待は、100株以上取得していることが条件です。

その上で3年以上継続保有している人はAコースカタログ、3年未満の人はBコースカタログから商品を選びます。

 

それぞれオリックスの取引先が取り扱っている商品から厳選されて、掲載されているカタログです。

AコースとBコースの違いは、Aコースが10,000円分、Bコースが5,000円分選べます。

こちらの優待は、3月末時点の100株以上保有者になりますので注意してください。

 

Aコースのカタログ

オリックス株主優待

 

Bコースのカタログ

オリックス株主優待

オリックス株主優待

 

 

「株主カード」による優待がある

 

100株以上持っている方には、「株主カード」による優待を受けることもできます。

「株主カード」には有効期限があります。半期毎に送っているので、3月31日時点の株主の方は、7月上旬に「株主カード」が発送され到着してから翌年の7月31日まで利用できます。

一方、9月30日時点で新規株主として登録された方は、12月上旬に株主カードが発送され、到着してから翌年の7月31日まで利用できます。

有効期限内であれば何度でも使用できる便利なカードです。

オリックスグループは全国にありますので、さまざまな優待が受けられてお得なカードだといえます。

 

オリックス株主カードの優待

対象施設 優待サービス
ホテル・温泉旅館 宿泊費を優待割引
ふく料理 春帆楼(食事) ドリンクを1杯無料
オリックス野球クラブ 2020シーズン公式戦ホームゲームを優待価格にて購入可能

※オープン戦等、一部対象外の試合がございます。

京都水族館・すみだ水族館・新江ノ島水族館 入場料金10%OFF
有料老人ホーム「グッドタイム リビング」 入居時費用から30万円割引

※株主さまおよび2親等以内の親族

高齢者の住まい「プラテシア」 入居時費用から50万円割引

※株主さまおよび2親等以内の親族

オリックスレンタカー 乗用車の基本料金30%OFF

※沖縄・北海道は基本料金50%OFF

オリックスカーシェアリング ・ICカード発行手数料(1,050円)無料

・月額基本料2カ月無料

5,200円分時間料金無料×2カ月

医療法人DIC 宇都宮セントラルクリニック 人間ドック各種コースを優待価格にて

その他詳細は公式サイトをご覧ください。

 

2019年の配当金は年間で1株当たり76円

 

オリックス株の配当状況ですが、2019年は、中間配当が1株当たり30円、期末配当は1株当たり46円でした。

つまり年間では76円ということです。100株持っていれば、7600円ですね。

年々配当金が上がってきてはいましたが、2020年の予想は2019年とほぼ同じとなっています。

株価が思ったほど伸びていないという状況があり、そうした状況は配当金にも反映されているのかもしれません。

 

株主カードが使えるお店は?

 

株主カードが使えるお店はかなりあります。

ホテルや温泉旅館、水族館、野球観戦で使えます。

また老人ホームの入居費用の割引まであるのです。

 

他にも人間ドックを割引料金で受けられたり、レンタカーやカーシェアをかなり安い料金で利用することもできます。

上記のオリックス株主優待一覧を見ればかなり多くの場所で利用できることがわかり、お得なカードだと言えるでしょう。

オリックスの株主優待の評判は?

 

オリックスの株主優待は商品ももらえますし、株主カードがかなり便利だという意見があります。

さらに思ったほど株が高くなっていないので、お買い得だと考えている人もいます。

 

 

株主優待が目的の人も多いようです。

ただ100株より多くの株をもつのはリスクもあると考えている人もいるので、まずは100株取得を目指すのがよいでしょう。

 

オリックスの株主優待を受けるには株を3月末までに取得する必要あり

 

オリックスの株主優待ですが、3月末に株主名簿に載っている人に対して行われます。

そのため株主優待を受けたい方は、3月末までには取得しておいた方がよいでしょう。

カードは9月30日時点での新規株主にも発行されますが、ふるさと優待も受けた方がお得ですので、3月末に取得することを目指しましょう。

オリックスの株主優待を受けるのにオススメの証券会社

 

以前はオリックス証券がありましたが、今はマネックスグループの完全子会社となったので、マネックス証券となっています。

オリックスの株なのでマネックス証券でと考える方もいるかもしれませんが、基本的には手数料が安い証券会社で株式を取得した方がよいです。

ネット証券会社は全般的に手数料が安いですが、とくにDMM株証券は手数料が安いです。

現在取引している証券会社がない方は、DMM株証券で株の購入をオススメします。



 

株主優待で商品と株主カードを受け取ろう

 

オリックスの株主優待は、商品ももらえ株主カードで割引も受けられるためお得です。

しかも株主カードは期限内であれば何回でも使えます。

使える場所もたくさんありますので、旅行や野球観戦に興味がある人、シニアの方で老人ホームを考えている方などは株を購入してみるのもよいのではないでしょうか。

 

オリックス
最新情報をチェックしよう!