FX

OANDA Japan(オアンダジャパン)!そのメリットとデメリットとは

FXを始める時に、どのFX業者で始めようか悩む人も多いと思います。

OANDAも数あるFX業者のひとつですが、他の業者と比べてメリットとデメリットがあります。

そこで、この記事ではOANDA(オアンダ)のメリットとデメリットについて説明します。

OANDAを使うかどうか悩んでいる人は、この記事を参考にして判断してください。



 

OANDA(オアンダ)とは

 

OANDAという名前を聞くと分かると思いますが、アメリカのFX業者です。

アメリカのFX業者なのですが、日本に支社がありますので、日本の金融庁の監督下にあります。

そのためレバレッジは最大で25倍です。

しかし、アメリカの企業なので日本のFX業者にはない特徴があります。

FXをしている人の中には、OANDAを好んで使っている人も多いです。

 

OANDA(オアンダ)のメリットは?

 

OANDA は日本でも使っている人がいますが、それはOANDA を使うメリットがあるからです。

ここではOANDAのメリットを5つ紹介します。

 

MT4が使える

MT4はFXの取引で使っている人が多いツールです。

海外でも使っている人が多いので、さまざまなインジケーターをインストールして使うことができます。

また自動売買やサインツールの多くがMT4に対応していますので、こうしたツールを活用したい人にはMT4を選びます。

OANDAは日本でMT4が使える数少ない業者のひとつです。

 

2.オーダーブックが使える

OANDAはオーダーブックが使えます。オーダーブックとは世界中のOANDAの顧客の取引状況をグラフ化したものです。

このオーダーブックを見れば保有中のポジションや指値がどこに入っているか見えるため、価格がどのように動くのか予想することができます。

 

1通貨から取引できる

通貨の取引は少なくても1000通貨のところが多いのですが、OANDAでは1通貨から取引ができます。1通貨ということは10円です。レバレッジをかけなくても十分に取引できる金額ですよね。

少額で取引をしてみたいという方にはおすすめです。

 

取引通貨ペアが多い

OANDAは取引通貨ペアが多いことで有名です。マイナー通貨は値動きが激しいので、初心者には難しいですが、面白い通貨ペアで取引してみたいという方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

スプレッドはどの通貨ペアも狭くも広くもありません。

 

5.約定力が強い

OANDAは約定力が強いことで有名です。特に短期トレードをする人は約定力が強い方が良いです。

ただしスキャルピングを認めているわけではないので、スキャルピングで稼ぎたい人は別の業者を選んだほうが良いでしょう。

 

OANDA(オアンダ)のデメリットは?

 

OANDAにはメリットがある一方で、デメリットもあります。ここではOANDAのデメリットについて5つ紹介します。

 

最低入金額は10万円以上

 

OANDAは最低入金額が10万円以上です。最近では最低入金額がない業者もあるので、少額で取引を始めたい人にはデメリットです。

ただし、先ほども述べたとおり、取引は1通貨からできますので、入金してしまえば少額での取引は可能です。

 

情報量が少ない

OANDAは他のFX業者に比べて情報量が少ないという人がいます。

ただし、ツイッターを利用すればほとんどの情報は簡単に手に入るので、情報量が少なくてもそれほど問題にはならないでしょう。

 

スワップポイントが低い

OANDAは他の業者に比べてスワップポイントが低いです。

そのためスワップポイントで稼ぐ人にはデメリットですので、他の業者を選ぶことをおすすめします。

 

サポートセンターの日本語が不安

アメリカの会社ですので、日本語ができる外国人が対応することがあります。

その際にニュアンスが伝わらない場合もあるようです。

あまりサポートセンターを利用しない方にはデメリットにはなりませんが、初心者の方にはデメリットでしょう。

 

OANDA(オアンダ)を使っている人の評価は?

 

それでは実際にOANDAを使っている人はどのように感じているのでしょうか。評判は良いのでしょうか。

OANDAと言えばカニトレーダーさんが有名ですよね。

Youtubeでの配信もされています。オーダーブックを見ながら配信してくれますので、とても勉強になります。

 

オーダーブック検定というものを作っているようなので、OANDAで取引をしている人やこれから取引したい人は注目ですね。

 

OANDAのオーダーブックを使って取引している人が多いです。やはり取引の役に立っているようです。

 

またOANDAは公式ツイッターもあり、情報を発信しています。OANDAを使ってない人でもためになりますので、フォローしておいた方が良いでしょう。

 

MT4を使って少額で取引したいならOANDA(オアンダ)がおすすめ!!

 

OANDAのメリットとデメリットは以下の通りでした。

 

メリット デメリット
MT4が使える

オーダーブックが使える

1通貨から取引できる

取引通貨ペアが多い

約定力が強い

最低入金額が10万円

情報量が少ない

スワップポイントが低い

サポートセンターの日本語が不安

 

こうしたデメリットはあるものの、日本のFX業者でMT4を使うならOANDAはおすすめです。

オーダーブックも上手に使えば、取引もうまく行きます。

また少額で取引ができますので、お試してFXをやってみたい人にもおすすめです。

 

MT4を使いたい人、少額で取引したい人にはおすすめの業者ですので、ぜひお試しください。



 

関連記事

FXをこれから始めたいという人は本やデモトレードで勉強すると思います。 しかし、本を読むことで知識は付きますが、実際にその通りにうまくトレードできるか分かりません。 また、デモトレードはトレードの練習にはなりますが、お金をかけて[…]

YouTube FX動画配信
関連記事

FX業者を選ぶときにどの業者を選ぶのか迷いますよね。 日本国内だけでもたくさんの証券会社がFXを取り扱っていますが、その差はよく分かりません。 確かに海外FXと違って、レバレッジも25倍で共通していますし、大きな差が見えてきませ[…]

GMOクリック証券
FX
最新情報をチェックしよう!