映画「曇天に笑う」ネタバレなしキャスト・あらすじ紹介!無料で見る方法を紹介

 

本記事は実写映画「曇天に笑う」を紹介していく記事です。

 

「曇天に笑う」とは?という疑問を始め、本映画のあらすじや登場人物の紹介など、タイトルしか知らない、またはこれから見るけど手っ取り早く先に内容を知りたい!という方向けの記事となってます。

 

  • 「曇天に笑う」とは?
  • あらすじ
  • 登場人物紹介
  • 主題歌
  • 口コミや評価はどうなのか?
  • 見てみた感想

 

映画「曇天に笑う」を見たい人にはHuluがおすすめ!

Huluは月額933円ですが初回は2週間無料で利用できます。

 

映画「曇天に笑う」を見たい人は無料でおためし体験を試してみてください。

日テレドラマ

 

映画「曇天に笑う」とは?

 

「曇天に笑う」とは、漫画家の唐々煙(からからけむり)さんによる人気作品です!

 

滋賀県の琵琶湖周辺を舞台とした三兄弟と伝説を描いたアクション物語です。

 

漫画は原作の全6巻、外伝、その他にも本記事で扱う実写映画に加えてアニメやアニメ映画も存在します。

本記事では2018年3月に上映が始まった実写化映画をみていきます。

 

映画「曇天に笑う」のあらすじ

 

時は明治初期、滋賀県の大津には琵琶湖に浮かぶ監獄と小さな村があった。監獄への橋渡し役である曇三兄弟は日々仲良く曇神社で暮らしていた。

その地には、300年に一度、曇り空が続くとき、災いをもたらすという大蛇(オロチ)の器に関する伝説があった。

三兄弟の長男かつ曇家の大黒柱、天火(てんか)は大蛇伝説と曇家の関わりを何か知っているようだが…。

変わらない日々を過ごす中、300年に一度の曇り空が村を覆い出し、天火が昔所属していた右大臣直属部隊「犲(やまいぬ)」が動き出した…。

 

映画「曇天に笑う」の登場人物紹介

 

主要人物である曇神社の曇三兄弟を紹介していきます!

 

曇 天火(くもう てんか):福士蒼汰

一家の大黒柱であり、三兄弟の長男。

 

村や兄弟が認める強さで、戦闘シーンの周りとは一線を画す実力は見どころです!

破天荒でありながら家族を支える気持ちなど繊細な部分もあり、細かい部分にも目が離せません。

 

役を演じるのは俳優の福士蒼汰さん!

福士蒼汰さんは「仮面ライダーフォーゼ」の主役フォーゼ役を始めとして数々のテレビドラマで主要人物を演じています。

本作でも今まで演じた役の集大成といえるような細かい表情からアクションまで丁寧にこなしています。

 

曇 空丸(くもう そらまる):中山優馬

天火に振り回される三兄弟の次男。

 

役を演じるのは歌手であり俳優でもある中山優馬さん!

中山優馬さんはジャニーズ事務所に所属しながら、テレビドラマ「バッテリー」での主演抜擢を始めとして様々な映画やテレビ番組、舞台で活躍しています。

 

本作では曇三兄弟の次男という重要な役割を演じています。

 

曇 宙太郎(くもう ちゅうたろう):若山耀人

明るく元気な曇三兄弟の三男。

 

天火を慕い、空丸と常に一緒に行動しているムードメーカー的な存在です。

石つぶてをパチンコで飛ばす技を使うがまだまだ修行中の様で、時々練習しているシーンが出てきます。

 

役を演じるのは俳優の若山耀人さん!

若山耀人さんはテレビドラマ「悪魔ちゃん」の生徒役、映画「僕が命をいただいた3日間」では主演を演じるなど、様々な役を演じ芸能界で活躍しています。

 

 

映画「曇天に笑う」の主題歌

 

本作のオープニング曲「曇天に笑う -opening & ending- WITH GOCOO」と主題歌「陽炎」は、大人気アーティスト、サカナクションが手掛けています。

 

オープニング曲では海外でも活躍している革新和太鼓バンド「GOCOO-ゴクウ-」をフィーチャーしていて、和楽器と日本のロック音楽の見事な協同作品を生み出しています。

 

主題歌では本広克行監督のコメントで賞賛されています。

 

『サカナクションのサウンドは僕の中では絶対に必要になっていて
締め切りが遅れてしまっても、何日も、何か月も、待ち焦がれて
ライヴを聞きに行く度に曲が進化していてドキドキしていて
一郎さんが何日も熟考して紡ぎ出された歌詞も入ったこの曲は相当ヤバイです。
素晴らしいエンディングになり感謝しまくってます。ありがとうございました。』

※参考URL(https://natalie.mu/comic/news/261139)

 

映画「曇天に笑う」の気になる評価や口コミは?

 

本作を見たみんなの評価はどうなのでしょうか?調査してきました!

 

調査したとき(2019/09/09で調べた結果)のデータでは

  • 映画.com → 2.8点/5点満点
  • Filmarks → 2.9点/5点満点
  • Yahoo!映画 → 2.73点/5点満点
  • IMDb(海外映画評価サイト) → 5.5点/10点満点

でした!

 

ギリギリ6割満たない、といった結果ですね。

 

評価コメントを拝見しましたが、作品のどこか一点を否定している訳ではなく、全体的な評価が観客の期待値を満たせなかった、という印象を抱きました。高評価は漫画や前情報なしで見た方の感想が多かったです。

 

「曇天に笑う」がアニメ化、舞台化の流れもあって観客側の期待値が見る前から高くなってしまったのしれません。

 

映画「曇天に笑う」を見た感想

 

結論から言うと漫画を見ていない方、漫画と実写化映画を切り離して視聴できる方にはおすすめです。

個人的な評価としては全体的に軽いけれども内容や設定は面白かったです。

 

上映時間が94分という短さだったこともあり、詰め込みすぎない内容にした結果「軽い」と感じてしまったのです。

 

冒頭は説明が少ないですが、観客が世界観を掴みやすいです。

 

中盤以降は、話が重く情報が増える場面もあるのでストーリー構成で飽きることもなく、アクションシーンは迫力があります。

また、先に述べたように漫画と本作を切り離して観れるかも楽しむための要素になりうると感じました。

 

視聴後に評価サイトを閲覧した際、漫画を既に見ていた方とまだ見ていない方で感想に差がありました。

 

漫画の再現性を求めて見てしまうと満足した結果にならない可能性が高いです。

 

映画「曇天に笑う」はマンガとは別物として楽しめる

 

ここまで、映画「曇天に笑う」の紹介、評価、個人的な感想を書いてきました。

 

評価としては批判的な内容もありましたが、肯定的な意見もありました。

 

 

個人の感想部分でも述べましたが、漫画とは割り切ると楽しめると思います。

 

ぜひ、皆さんも見てみてください。世界観やキャラクターはおもしろく愛着が湧きますよ!!

日テレドラマ

最新情報をチェックしよう!

新作動画情報の最新記事8件